今回は「電撃大王」に連載中の『やがて君になる』最新話である42話の感想を書いていきます。


単行本8巻の内容を含みます。ネタバレ注意!

単行本7巻の感想はこちら

『やがて君になる』7巻の感想【ネタバレ注意】

41話の感想はこちら

『やがて君になる』41話の感想【ネタバレ注意】

『やがて君になる』42話「記述問題」のあらすじ

デートでボウリング場に来た侑と燈子。

そこで燈子はボウリングで「負けたほうが勝ったほうの言うことを聞く」という賭けの提案をします。

もちろん(?)勝ったのは侑でした。何をしてもらうか迷う侑。

ちなみに燈子は勝ったらキスしてもらおうとしてたようです。そんなのわざわざ権利を使わなくてもとツッコまれてしまいます。

場面は変わって期末テストの成績発表。仲谷鳰先生のツイッターで公開されて話題になったこの場面です。

やはりこれは沙弥香に成績1位の座を奪われてしまった燈子の表情でした。それでも2位というのはさすが。

さらに場面は変わって藤代書店。

閉店作業を終えた侑ですが、燈子から連絡を受けてウキウキで会いにいく。かわいい。

そして家に帰ってきてからはボウリングの勝者のお願いをどうするかについて悩みます。

燈子は燈子で侑の勝者のお願いについて考え、二人ともしていた想像は……!?

今まで侑や燈子がなかなか見せなかった表情が見れるのでぜひ本誌で読んで欲しいと思います。



『やがて君になる』42話「記述問題」の感想

前回に引き続きいちゃいちゃ回でしたね。

ナチュラルに呼び方が「燈子先輩」に変わってるのいいゾ~これ。

そして42話のサブタイトルは「記述問題」。8話のサブタイトル「選択問題」9話のサブタイトル「続・選択問題」を意識したサブタイトルになっています。

ということは次回は「続・記述問題」!?

ちなみに8話の内容は侑と燈子がテスト勉強をする回で、9話はその流れで侑の部屋に燈子が招かれる回でした。「変われないのかな」「やだな」の回です。ほーん?

作中ではクリスマスが近いということでクリスマスは何か進展がありそうな気がします。

心がつながっている以上あとは身体のつながりくらいなのでどこまで描くのかに期待ですね。

合宿のときと違ってストッパーになる沙弥香がいないからなぁ……いくとこまでいきそうです。

あと侑の「率直に言って寂しい」「先輩も寂しいと思っててくれるかな?」は『やがて君になる 佐伯沙弥香について』でも沙弥香が似たようなこと言ってました。
『やがて君になる 佐伯沙弥香について』の感想【ネタバレ注意】

燈子先輩は柚木先輩と違って連絡もするし会いたがっているので大丈夫でしょう。そのあたりも意識して話を作ってるのでしょうか。

まとめ

燈子も侑も精神的な成長が見られて非常に良い回でした。

『やがて君になる』も最終回まであと少し。

寂しいですが電撃大王では今月号から『一度だけでも、後悔してます。』という百合作品が始まっていたりします。

かなりインパクトのある1話だったので百合好きな人はこちらもチェックしてはいかがでしょうか。

気になる人は電撃大王本誌で!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

電撃大王 2019年 08月号 [雑誌]
価格:680円(税込、送料無料) (2019/6/27時点)