今回は「電撃大王」に連載中の『やがて君になる』最新話である43話の感想を書いていきます。

単行本8巻の内容を含みます。ネタバレ注意!

単行本7巻の感想はこちら

『やがて君になる』7巻の感想【ネタバレ注意】

42話の感想はこちら

『やがて君になる』42話の感想【ネタバレ注意】

『やがて君になる』43話「続・記述問題」のあらすじ

なぜか侑と燈子が一緒に住んでる状態から始まりました。

しかし、これは侑が見ていた夢。この卵のくだりも夢オチでした。

幸せな嬉しそうな侑。前回のボウリングの賞品を決めないといけないのですが、想像するのはえっちなことばかり……

場面が変わってこよみが小説の新人賞を受賞したということで侑、朱里、菜月とファミレスでお祝いする場面に。この4人が集まるのはかなり久しぶりな気が。

朱里の恋愛話になったりもしますが、友人たちにもまだ燈子との関係を言えていない侑が切ない。

そしてとうとう燈子が劇に出演することになり、侑は観に行きます。

劇に感動した侑は事前の約束通り劇終了後楽屋に。

それで燈子に劇の感想を伝え、あのボウリングの賞品として侑が記述した答えは……

お泊りがしたい

両親が旅行で家に一人の日がある燈子は侑の耳元で「うち来て」と囁いて今回の話は終了。

これは……



『やがて君になる』43話「続・記述問題」の感想

いや~こういう展開になってきますか。ある程度は前回も触れられてましたが。

普通に考えれば次回はえっち回になりそう。

体育倉庫で付き合う前からあんなことしてたせいで行為へのハードルが低くなってるんじゃないでしょうか。

劇でたくさんの人が燈子を観ていることに対する侑の嫉妬のような感情が良かったです。なんとなくわかるし。

そして語彙力を失って燈子に小学生並みの感想を伝える侑がかわいい。

劇での燈子の登場シーンは構図がこれに近かった気がします。

でも先輩はもう侑がいないと大丈夫じゃないんだよなぁ……

あとあの夢はいずれ本当になりそう。

まあさすがに冷蔵庫の中に卵しかないってことはないだろうし台所が外にあるってこともないでしょうが(笑)。

4巻の冒頭で燈子が見ていた夢は悲劇的な過去の出来事だったしそのあたりとの対比になってそうです。

さて、『やがて君になる』も最終回まであと2話となりました。

とりあえず次回はアレして最終回という形になりそうです。

『やがて君になる 佐伯沙弥香について2』で今後についてはある程度ネタバレしてる部分もありますけどね。
『やがて君になる 佐伯沙弥香について2』の感想【ネタバレ注意】

なお今回は沙弥香の出番は無し。ああ……

まとめ

次回はいろんな意味で盛り上がりそうです。久しぶりの峠が来るぞ……

あと2話で最終回というのは認めたくない部分もありますが、きちんと終わらせてこそ本当の名作となるはず。

人気が出たからってダラダラ続けない姿勢も評価しています。

最後まで『やがて君になる』を応援していきますよ~