今回は「電撃大王」に連載中の『やがて君になる』最新話である45話の感想を書いていきます。

この45話は『やがて君になる』の最終回。約4年半続いた連載ですが、とうとう完結となります。

単行本7巻の感想はこちら

『やがて君になる』7巻の感想【ネタバレ注意】

44話の感想はこちら

『やがて君になる』44話の感想【ネタバレ注意】

単行本8巻の内容を含みます。ネタバレ注意!

『やがて君になる』45話「船路」のあらすじをネタバレ

侑を呼ぶ姉・怜の声が響きます。階段を降りてきたのは侑……のはずですが雰囲気が違う。

なんと侑は大学生になっていました。

侑は生徒会の後輩に誘われ、卒業した遠見東高校の文化祭へ行くようです。しかし燈子は来れないとのこと。

途中でこよみに会った侑。こよみは初めての本の出版が近いとのことでやつれている様子。

そして堂島、槙らと合流。槙に燈子との仲を聞かれる侑ですが、なんとか上手くいっているもよう。

槙は二人が付き合う前に余計なことを言ったかもと謝りました。しかし侑曰く結果オーライ。

文化祭を楽しんでいる面々ですが、劇をやる体育館で沙弥香が合流。雰囲気は結構変わってる感じ。

燈子たちが復活させた生徒会劇は今でも続いているようです。生徒会長になった堂島が続けたと。

ここで侑のスマホに連絡が。一度席を離れる侑。やはりやって来たのは燈子でした。

劇を鑑賞する二人はあの頃を思い出し感傷に浸ります。

文化祭の後、喫茶店・エコーで話をすることになった燈子・沙弥香・侑。オーディションが早く終わったから燈子は来られたとのこと。わいわい話をする三人。

ここで侑から「陽(はる)ちゃん」という名前が出てきます。

なんと「陽(はる)ちゃん」は沙弥香の彼女!燈子は知らなかった様子。気まずそう(?)な燈子と沙弥香。

侑と燈子はあの侑が告白した場所で将来の話などをします。

最後はカラーページ。手を繋いでいる二人の後ろ姿で『やがて君になる』は完結となりました。

『やがて君になる』45話「船路」の感想

神かな?

まさに「凄い」としか言えないような作品でした。語彙力……

それにしてもいきなり時間が飛ぶとは思いませんでした。

大学生になった侑は髪型は変わっているけどアホ毛はそのままなのが面白い(笑)。

そして沙弥香にも救いがあってよかったです。このあたりは『やがて君になる 佐伯沙弥香について3』で補完されるはず

堂島と朱里も仲良さそうでした。

侑と沙弥香は『佐伯沙弥香について2』でも触れられてましたがかなり交流は続いている様子。沙弥香の彼女のことを知ってるくらいだし。

でも沙弥香の前では燈子のことを「七海先輩」と呼んでいたりするのはリアルさを感じます。そのあたりの線引きはしてるっていう。

そしてその後二人きりになった後は「燈子」って呼ぶのがいい……

侑が星に手を伸ばし、何かを掴んだような描写から燈子と手を繋ぐという表現が本当に素晴らしかった。

1話のサブタイトル「わたしは星に届かない」を回収したような形です。そして侑の薬指には指輪が……

『やがて君になる』は素晴らしい作品でした。仲谷鳰先生お疲れ様でした。次回作にも期待します。

まとめ

本当に完結してしまったんだなぁ……次回が無いというのは寂しい……

『やがて君になる』という作品は百合漫画界の金字塔を打ち立てたと言っても過言ではないでしょう。

確かに『やがて君になる』の連載はこれで完結です。しかし、まだ単行本8巻の発売や『やがて君になる 佐伯沙弥香について3』の発売も控えています。単行本8巻は11月27日、『佐伯沙弥香について3』は来春発売とのこと。

そして『やがて君になる』アンソロジーコミック2弾と仲谷鳰先生の短編集・画集の発売も発表されました。舞台『やがて君になる』encoreも2020年秋に決定しました。

今後のメディア展開にも期待したいです。終わっても終わらないので。