はまじあき先生の『ぼっち・ざ・ろっく!』1巻を読んだので感想を書いていきます。


『ぼっち・ざ・ろっく!』のあらすじ

「ぼっちちゃん」こと後藤ひとりは、ギターを愛する孤独な少女。 家で一人寂しく弾くだけの毎日でしたが、ひょんなことから伊地知虹夏が率いる「結束バンド」に加入することに。 人前での演奏に不慣れな後藤は、立派なバンドマンになれるのか!? 全国のぼっちな少年少女に届ける、いま最高にアツい音楽漫画!!

ギターが得意だがぼっちでコミュ障の女子高生・後藤ひとりがバンドに誘われ、バンドメンバーや周囲の人々との交流を通して成長していく話です。

本作で中心として描かれるバンド「結束バンド」はASIAN KUNG-FU GENERATIONのメンバーの名字が元ネタとなっているもよう。

ちなみに同じきらら系でバンドをテーマとしていた『けいおん!』はP-MODELやthe pillowsのメンバーが元ネタでした。



『ぼっち・ざ・ろっく!』の感想

『けいおん!』と違い部活ではなくライブハウスで活動するバンドを描いている作品です。一種の差別化とも言えるでしょう。

主人公のひとりはなんちゃって陰キャの多いこの手の作品の主人公にしては珍しく、ガチの陰キャ。リアルといえばリアルかもしれませんが人によってはダメージを受けそうな性格をしています。

ギャグのテンポもよく、普通に面白い作品でした。絵も典型的なきらら系。

ただ、4コマ漫画にしては全体的にセリフが多い気がしますね……



まとめ

「陰キャならロックをやれ!!!」というキャッチコピーのインパクトも強く、今後さらに人気が出そうな作品です。

現在の人気を考えると、原作のストックさえあればアニメ化できると思います。まあ音楽がテーマの作品はアニメ化が難しいといえば難しいのですが。

作中でも「きららジャンプ」がネタにされているのでアニメのOPではやってくれるでしょう。

きららなので単行本の発売ペースが遅いのは仕方ないかと……

3巻以降にも期待したいです。

現在DMM電子書籍にて、8月24日までの期間限定で購入金額の50%ポイント還元される「電子書籍スーパーセール」を開催中です。

このセールではほとんどの電子書籍が対象となっており、ぼっち・ざ・ろっく! 1巻 【電子共通おまけ付き】もセールの対象になっています。

この機会にDMM電子書籍を利用してみてはいかがでしょうか。

DMM電子書籍の評判は?クーポンやキャンペーンはどう?