塀先生の『上伊那ぼたん、酔へる姿は百合の花』1巻を読んだので感想を書いていきます。


『上伊那ぼたん、酔へる姿は百合の花』のあらすじ

二十歳の大学生・上伊那ぼたんは酔うと少し大胆になってドキッとする一言を…? これが令和の“読むアルコール”。 上伊那ぼたんに酔いしれましょ。

20歳の大学1年生・上伊那ぼたんがお酒の魅力にハマり、酔うと寮長のいぶきに変な絡みをするようになる……といった「お酒」×「百合」の作品です。

タイトルと主人公の名前にも使われている「上伊那」の元になったのは日本酒の名産地である長野県の上伊那郡。他の登場人物も日本酒の名産地から名前がとられています。

なお、本作品の舞台は埼玉県秩父市。表紙でぼたんが持っているのも「秩父麦酒」です。

本作は秋田書店の無料マンガサイトマンガクロスにて連載中。



『上伊那ぼたん、酔へる姿は百合の花』の感想

「お酒」をテーマにした作品だけあり、お酒の知識も得ることができます。自分はあまりお酒詳しくないんですが、それでも余裕で読めました。

お酒要素だけでなく百合要素もかなりのもの。

主人公のぼたんといぶきの関係だけでなく、いぶきのことが好きなかなでとの三角関係、仲のいいやえか・あかねのコンビといろいろなカップリングがあります。大学の寮が舞台なだけあって可能性はいろいろありそうです。

もう一つ注目したいのはキャラクターの服装。各キャラの特徴に合わせた私服がきれいに描かれています。女子大生にはおしゃれでいてほしいし(?)。

まとめ

全体的にレベルが高く、おすすめできる作品です。

ところでお酒×百合といえばこんなアンソロジーもありました。

『ユリキュール アルコール百合アンソロジー』の感想


5月27日に『アルコール百合アンソロジー ストロング!』の名前で続編も出る予定。まあ実際お酒と百合は相性がいいと思います。酒の力を借りれば何でもできるし……!?

『上伊那ぼたん、酔へる姿は百合の花』2巻にも期待です。