今回は『NTR 寝取られ百合アンソロジー』の感想を書いていきます。

表紙イラストはコダマナオコ先生。

『NTR 寝取られ百合アンソロジー』の感想

月陰る(コダマナオコ)

彼氏のいる女の子をその友達が寝取る話。

コダマナオコ先生らしい作品だった。寝取るほうはもちろん巨乳(笑)。

純潔の淵よりあなたへ(純玲)

後輩には純潔だと思わせて実は……という先輩の話。

内容的には同時発売の『カヌレ スール百合アンソロジー』でも成立しそう。純玲先生はどっちにも寄稿。

私は心に棲みつくことにした(雪尾ゆき)

男との結婚が決まった親友を寝取る話。本当は両想いだったというのがポイント。

男より女のがいいってはっきりわかんだね。

dress down(ましまる)

簡単に言えば女同士の三角関係。結構めんどい。その分尺長め。

付き合い始めた相手の目の前でレズセ始めるのは頭おかしくてすこ。なんで黙って見てるんですかね……

ヨイノハナ(後藤悠希)

先生に憧れている生徒の姉の恋人がその先生だったという話。わかるかな?

そして生徒と先生でレズセという。先生と生徒、姉妹という要素が詰め込まれててよかった。

夏の静寂(蓮城はに)

男と結婚した姉を双子の妹が寝取る話。

ねっとりキスがエッッッッ!和服だとエロさが倍増するな?

雨に溶かして(井原リオ)

合コンに数合わせで投入された女の子が他の娘に寝取られる話。

やべー奴感が凄く出ててよかった。

香炉は鳥籠の中に(片倉アコ)

遠距離恋愛の百合カップル両方と関係を持つ女の話。

この人も相当やべー奴。NTRというコンセプトなので当然か。

抱かれる君と私の身体(せきはら)

関係が冷めている恋人(女)が他の女の子とえっちしてるの見て興奮する話。

そういうのもあるのか、という感想。6ページはちょっと少なくない?

まとめ

「NTR」というテーマですが、えっち描写は少なめです。もうちょっとあってもいいかなとは思いました。帯コメとのギャップが多少あります。

4月『レズ風俗アンソロジー』、5月『すれ違い巨大感情百合アンソロジー』と過激なのが続いた影響もあるのかもしれませんが、えっちなのを期待していた人には物足りないかも……?

あとはいつものように話ごとの尺が足りない気が……だからえっち描写が少ないのはありそうです。

「NTR」というジャンルは人物の関係性が重要なので尺は長めに取りたいんですよね。

『レズ風俗アンソロジー』、『すれ違い巨大感情百合アンソロジー』よりも参加作家さんが多い影響でしょうか。

その割には全体のページ数も少なくてややボリューム不足感があります。まあその分ちょっとだけ安くはなってるんですが……

作品自体のクオリティは悪くないのでちょっともったいない点でした。

ちなみに男を明確に描写したのはコダマナオコ先生だけでした。ある意味キャラ通りなのでさすが。百合に男はいらない派にも配慮してます(笑)。

このアンソロジーからNTRに興味を持った人はコダマナオコ先生の『捏造トラップ−NTR−』もどうぞ。百合作品としては上級者向けですが。

捏造トラップ-NTR- 1巻

もし『NTR 寝取られ百合アンソロジー』に続編が出るならもっとえっちなのを期待します(笑)。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

NTR百合アンソロジー(仮) (百合姫コミックス) [ アンソロジー ]
価格:920円(税込、送料無料) (2019/6/30時点)


NTR 寝取られ百合アンソロジー【イラスト特典付】