今回はなもり先生の『大室家』5年ぶりの新刊となった3巻の感想を書いていきます。

『大室家』は優秀な長女・撫子、残念な次女・櫻子、優秀な三女・花子からなる大室家三姉妹を中心に描いた『ゆるゆり』のスピンオフ作品です。

ちなみにpixivコミックにて3巻収録分の話はほぼ読めます。

pixivコミックに載ってない話は『コミック百合姫』2019年7月号に収録されています。
関連記事→コミック百合姫2019年7月号感想



『大室家』(著:なもり)3巻の感想

安定のなもりクオリティ。いつものノリです。『ゆるゆり』と比べると1話が短いのが特徴です。

特に好きなのは46話ですね。大室姉妹が抱き合う回です。普段はアレでもなんだかんだで仲がいいのがわかる話でした。向日葵に見られるオチもいい(笑)。

あと51話もすこ。櫻子と向日葵が待ち合わせして出かける回ですが、ギリギリまで準備をしない櫻子。そんな櫻子の行動を完全に読んでいる向日葵の凄さがわかります。婚姻届を交わした仲なだけある。

特装版の小冊子は撫子の友人3人の話が中心。結局撫子の彼女は誰なのか不明です。そもそもあの3人の中にいない説ある?

ちなみに39話~49話は『コミック百合姫』2017年3月号の付録の「大室家2.5」にも収録されているのでご注意を。
大室家 3巻
大室家 3巻

まとめ

久しぶりの新刊でしたがやっぱり『大室家』もいいですわね。

今後も『大室家』は不定期に掲載されるようです。

また、現在11月13日までの期間限定でなもり先生の作品が最大90%オフとなる「なもりFES2019」を開催中です。

90%オフとなるのは『ゆるゆり』14~16巻。税込みでたったの66円です。
ゆるゆり 16巻
ゆるゆり 16巻
その他『ゆるゆり』『大室家』『ゆりゆり』だけでなくなもり先生の画集も30%から50%オフとなっています。

気になる人は今のうちに購入しておきましょう。