原作:田滝ききき先生、作画:ほとむら先生による『性教育120%』1巻を読んだので感想を書いていきます。

『性教育120%』のあらすじ

現代の性教育に疑問を持つ保健体育教師・辻先生は、赴任先の女子高で彼女もち女子、BL好き女子、ただの猫好き女子などを相手に、大胆な性教育を試みる――!!
「女の子同士の安全なセックスって?」「前向きなオナニー?」「フクロモモンガに膣が3つあるのはどうして?」
下ネタ以上、マジメ未満。セックスエデュケーションコメディ。
異端の女教師とJKによる、とにかく明るい性教育が始まるよ!

『性教育120%』は女子高の保健体育教師・辻先生が生徒たちに性教育をしていくといった形の作品です。

舞台が女子高なので男子の性ネタは少なく、ほぼ女子のネタとなっています。

これだけだと百合作品というほどでもないような気がしますが、表紙でもわかる通り女子同士での交際や性行為の話もあるのでこのブログでも取り上げることにしました。

『性教育120%』1巻の感想

「性教育」を題材としているとはいえ、マジメにもなりすぎずギャグにもなりすぎずといった絶妙なバランスが魅力の作品です。基本的にはギャグ寄りのハイテンション性教育コメディといった感じでしょうか。性教育要素に関してはある程度マジメに解説してます。

女子同士での交際についてしっかり描かれているのも好印象。

ただ、中学・高校時代にちゃんと保健の授業を受けていた人にとってはあまり新しい知識は得られないかもしれません。まあ自分も「デンタルダム」は知りませんでしたが……

てか保健のテストで高得点取ると変態扱いされるの理不尽、理不尽じゃない?

まとめ

どちらかと言えば中高生向けっぽいですが、大人が読んでも面白いと思います。

きらら系と同じA5サイズでやや大きく、その分値段も高いのが気になる人もいるかもしれませんが。

単行本では辻先生の中学・高校時代のエピソード「下ネタの女王」が描き下ろしされています。ニコニコ静画などで読んでいた人も読む価値があるでしょう。