今回は『シロップ SECRET 禁断×百合アンソロジー』の感想を書いていきます。


表紙イラストは前回に引き続きフライ先生。
関連記事→『シロップ 社会人百合アンソロジー』の感想

『シロップ SECRET 禁断×百合アンソロジー』の感想

かげろうの声(川浪いずみ)

家庭環境の悪い娘とその父の愛人の話。

カップリングの時点でハッピーエンドになりようがないんだよなぁ……重い重い

被写体依存(郷本)

写真家と元女優の話。しかしその元女優は既婚者。

これも重い。旦那を捨てられないのは仕方ないのか……

図書室のあの子は、(辻恵)

教師×生徒。禁断の王道を往くカップリング。

40オーバーの婚活女子(?)を好きになる生徒もやべー。

それがあの娘のほしいもの(缶乃)

友達の彼女を奪う話。

これバレたらクッソドロドロになるやつやん!すこ。



おしごとがんばるキミがスキ(天野しゅにんた)

社長の妻と不倫しているシンガーソングライターの話。

抜け出さないといけないのに欲望に負けて抜け出せないというジレンマがいい。

ひだりの足枷(伊藤ハチ)

安定のケモ耳おねロリ。ほんとブレないな……

両親を殺した軍人と生き残った獣人の話でとにかく重い。

妹のアイスクリーム(タカハシマコ)

簡単に言えば妹×妹の彼女×姉。姉妹を巻き込んだ三角関係いいゾ~

最後のセリフが重くてすこ。

4人目の女(松崎夏未)

女ヲタ×アイドルと見せかけての教師×教育実習生。

即堕ちほんと草。

揚羽、翔ぶ(吉田丸悠)

ハチ×蝶。まさかの擬人化昆虫百合。

設定思いついたもん勝ちやね。

Slit(いけだたかし)

内容紹介にあった「学園の女王様×陰キャJK」はこれ。一部の人は苦手そうな要素アリ。

なんか解釈が難しい。ちょっと哲学的。

どこからとか恋かとか(森永みるく)

「人妻×フリーター」はこれ。旦那の浮気を疑う妻がフリーターと浮気調査してるうちに……って感じ。

2作連続でトリを飾る森永みるく先生らしい作品ですこ。

まとめ

今回のシロップは「禁断」というテーマだったことからやや重めの話が多かったです。

個人的にはそっちのが好きなんですがハッピーエンドが好きな人はちょっと合わないかもしれません。

一昔前は同性同士の恋愛自体が「禁断」とされていたので、そのあたりに時代の移り変わりを感じます。

ただ、一迅社のアンソロジーと同じく一人当たりの尺がやや少ない印象は受けました。気になるのはその程度ですね。それでも前回よりは改善されているのですが。このあたりが限界なのかなぁ……

ちょっと大人の事情に突っ込んでいくようであれですが、一迅社だったら引っ張ってこれないであろう人材を引っ張ってこれるのもファンからすればありがたいです。執筆陣のネームバリューは正義。

最近発売されたアンソロジーの中でもかなり完成度は高いと思いました。

前作『シロップ 社会人百合アンソロジー』もよかったので読んでない人はこちらもどうぞ。
関連記事→『シロップ 社会人百合アンソロジー』の感想


シロップ secret 禁断×百合アンソロジー