今回はマウンテンプクイチ先生の『球詠』6巻の感想記事です。
関連記事→『球詠』のアニメ化が決定!漫画の感想についても!

ネタバレ注意


5巻では新越谷2点ビハインドの6回表、キャプテンの岡田が三塁打を打ち反撃の狼煙を上げたところまででした。

さて、6巻ではどうなるのでしょうか?

『球詠』6巻のあらすじをネタバレ

続く6番・藤原は内野ゴロでしたが1点は返し、点差を1点とすることに成功します。後続は三振、四球、中飛でチェンジ。

6回裏、梁幽館の攻撃で新越谷のエース・詠深はさらに調子を上げます。しかし調子が上がりすぎて珠姫があの球を捕れずまさかの後逸

振り逃げでランナーを出しますが次の打者は三振に切って取りイニング4奪三振で無失点。最終回を迎えます。

7回(最終回)1点ビハインドの新越谷ですが1番からの好打順。1番・珠姫が安打で出塁し、2番・藤田が四球を選びノーアウト1・2塁のチャンス。

ここで梁幽館は先発の吉川を諦め、エース・中田をマウンドに。

この場面で采配に悩む芳乃は監督に采配を任せて裏へ。そんな中、中村希が来てまさかの言葉を……!?

結局3番・川崎にはバントの指示でしたが痛恨のバント失敗。あと2つアウトを取られたら終わってしまいます。

そして4番・中村希の打席。芳乃の采配が正しいことを証明したい彼女は初球をフルスイング。

ライトポール際に伸びた打球は……逆転のスリーランホームラン!5-3と試合をひっくり返します。

後続は抑えたものの新越谷の2点リードとなり、追いつめられる形になった梁幽館。こちらも最終回は1番からの好打順です。



1番・2番は凡退するものの、3番・高代が二塁打。4番の中田に打席が回ってしまいました。2点差で一塁は空いている状況ですが、詠深は勝負を選択。

珠姫から「秘策」を伝えられた詠深はファール2球で中田を追い込みます。そして3球勝負を選択し、最後の球は……

中田が打ち損じファーストフライ!新越谷が逆転勝利し4回戦にコマを進めました。

その勢いで4回戦も勝利した新越谷。ベスト8を懸けた次の試合の相手は県内最速投手・久保田のいる熊谷実業です。

『球詠』6巻の感想

神かな?野球漫画史上に残る名試合でした。

得点圏で打てなかった中村希が、あの大事な場面で値千金の逆転スリーランを打ったのはそれまでの苦労が描かれているぶん感動ものです。

6巻は百合要素もかなり強かったように思えます。特に芳乃と中村希のシーンは必見です。

あの場面でのあの言葉って結構色々な解釈ができると思うんですが、おまけ漫画で補完してきたのは素晴らしい。

まあ百合姫コミックスからも単行本出してるマウンテンプクイチ先生ならではといったところでしょう。

ぷくゆり 1巻

もちろん詠深と珠姫の関係性も相変わらず素晴らしい。帽子のつばに書いてある言葉、いいゾ~これ。

梁幽館側も中田と友理の関係がいいですね。妄想が捗る~

ちなみに今ならニコニコ静画で単行本の続きの話がちょうど読めます。
第37球:県内最速投手 -ニコニコ静画



やはり梁幽館の敗因は監督の采配でしょう。監督が悪いということを明らかにすることで選手から戦犯が出ることを防ぐマウンテンプクイチ先生らしい構成でした。

特に6回、非力な息吹に四球を出したうえに打撃が苦手な詠深にもいい当たりをされたのに最終回も続投の選択は謎すぎる。1点差やぞ……

四球のせいで最終回が1番からになってしまったわけですからね。あの場面で四球をもぎ取る息吹も凄いですが。

情報戦で完全に負けていたのも仇となってしまいました。初戦で詠深を温存したのが功を奏した形に。

逆に新越谷の采配はキレてました。結果が出ないことも多かったですが選択自体はよかったはず。

満塁での敬遠はかなり勇気がいるものの、四球覚悟で攻めずに潔く敬遠したのはかなり凄い。

この試合は詠深が完投すること前提なのであそこで体力を使いたくないという理由もあったでしょう。

2アウトランナー無しの場面での勝負は悪くなかったと思います。仮に打ち取れればもう中田に回らない可能性も高くなります。本塁打だけ避ければいい状況ですし。打たれたけど。

全体的にかなり緻密に構成された試合でした。これ以上の試合が描けるのかとちょっと心配してしまいます(笑)。



まとめ

百合としても野球漫画としても素晴らしい巻でした。

今後の展開ですが、次の熊谷実業には勝ちそう。ベスト4を懸けた対戦相手は練習試合もした柳大川越と予想します。

さすがに優勝は難しいと思うのでベスト4行くか行かないかくらいの成績で終わりそうです。


相変わらず小ネタも充実しています。裏表紙はグラシアル希と高谷白菊(笑)。

アニメの放送も控えていますが、梁幽館戦まで出来るんですかね……?かなり微妙なラインだと思います。

今後の『球詠』情報から目が離せません。