今回はアニメも絶賛放送中、マウンテンプクイチ先生の『球詠』7巻の感想記事です。

『球詠』のアニメ化が決定!漫画の感想についても!

『球詠』6巻のネタバレ感想!梁幽館戦決着!

ネタバレ注意


6巻では梁幽館に勝利し、4回戦も勝利してベスト16に駒を進めた新越谷高校。

さて、7巻ではどうなるのでしょうか?

『球詠』7巻のあらすじをネタバレ

5回戦の相手は熊谷実業。強打がウリのチームで、県内最速投手・久保田がエースです。

先発の理沙先輩がいきなりその久保田に2ランを浴び、2点を失ってしまいます。しかし久保田はやや制球に難があるうえに熊谷実業は守備も微妙。タイムリー、犠牲フライ、併殺崩れであっという間に逆転。

その後はお互い守備のミスでの失点を重ねつつもやや落ち着いた展開に。5-5で迎えた5回裏新越谷の攻撃、ランナー2・3塁のチャンスで打席には6番・理沙先輩。彼女のパワーを生かした打撃により詰まりつつも2点タイムリーになり、新越谷が2点リードします。

しかし、5回からマウンドに立っていた川口息吹が6回にピンチを迎えます。連戦による疲れもあり、連打と死球による押し出しで1点差に。なおも1アウト満塁のピンチとなるもここでエース・詠深が登板。

このピンチを抑え、最終回も完璧に抑えた詠深。5回戦は7-6で新越谷の勝利となりました。準々決勝の相手は練習試合でも対戦した柳大川越に。



準々決勝、先攻は新越谷。柳大川越の先発は練習試合のときとは違い朝倉です。1番に入った中村希がヒットで出塁するものの後続が倒れ初回は0点。

新越谷の先発はもちろんエース・詠深。1回裏、1番・大島を三振に取った詠深ですが、かなり打ち取るのに苦労しました。後続も抑えたものの、渾身の強直球が狙われておりやや不穏な状況。

実は柳大川越は詠深を徹底的に研究しており、強直球を投げる時のクセがバレていたのでした。オーダーも対詠深用に組んでいるもよう。

それでもなんだかんだでパーフェクトに抑え続け、4回表まで0-0。4回裏柳大川越の攻撃で1番・大島がショートへの打球を打ちます。これを好捕するショート・川崎ですが、一塁への送球が逸れノーアウト2塁のピンチに。さらにまずい判断でランナーを進めてしまい、ツーアウト三塁で四番・浅井を迎えます。

浅井の打球は左中間へ。やや詰まり気味だったものの、コンディションの悪い息吹が捕れず三塁ランナーが生還、先制点は柳大川越に入りました。さらに四球も与えてしまいなおもツーアウト一・二塁のピンチ。

ここで詠深対策として初先発に入った1年生・平田のフェンス直撃となる2点タイムリーが炸裂。3点のビハインドを負ってしまった新越谷は勝てるのか……?



『球詠』7巻の感想

なんとか熊谷実業には勝利したものの、人数の少なさから疲労という敵が新越谷を襲います。まあ選手層は今更どうにもならないのですが……両翼が初心者なだけにキャプテンにも負担がかかりそう。まあ内野のエラーがこれまでゼロだったのはぶっちゃけ異常ですが。いつかは出るわね。

柳大川越は練習試合で対戦済みであることから詠深対策が最も出来るチームでもあります。球種がわかっていても打てないのが好投手というものですが、やや貧打な印象がありますね……実は練習試合でも大野のまぐれっぽいスリーラン以外は1点しか取れてない。ナゴド野球かな?

詠深が自身の強直球のクセを自覚していたのもちょっと意外。てかあの場面で言い出すのはどうなんだろう……

希の芳乃好きは相変わらず。好きス。



まとめ

練習試合で対戦したチームと公式戦で再戦するのはアツくていいですね。この試合くらいはギリ勝ちそうな気がしますが。

ちなみに8巻は6月発売とかなり間隔が短いです。まあアニメ放送中に2冊出したかったんでしょう。実は6巻の記事書いた後本編どこまで進んでるのかチェックしたらめっちゃ進んでて草生えたんですよね。この調整だったのかと。

アニメは作画こそいろいろ言われてるもののまあまあだと思います。EDのタピオカ推しだけは謎(笑)

『球詠』を電子書籍で読むならebookjapanがおススメです。

初回ログイン時50%OFFクーポンが付与されます。しかも有効期限は60日と長く、6回まで使用可能です。アニメで興味を持って『球詠』をまとめて買いたい人はebookjapanを利用するといいでしょう。
球詠 7巻
球詠 7巻

8巻はこちら

『球詠』8巻のネタバレと感想!柳大川越戦決着!