原作:宮澤伊織先生 作画:水野英多先生の『裏世界ピクニック』漫画版4巻を読んだので感想を書いていきます。

先日アニメ化も発表された、話題の作品の最新刊です。

アニメ版公式サイト
https://www.othersidepicnic.com/

特別PV

『裏世界ピクニック』漫画4巻の感想(ネタバレあり)

一人で裏世界に行ってしまった鳥子を探しに行く空魚と、それに巻き込まれる形になってしまった小桜。4巻ではその続きとなります。

なんだかんだで鳥子を救出し、無事に帰ってくることができた3人。しかし、鳥子が探している冴月は見つからないまま。

そしてきさらぎ駅米軍救出作戦へ……といった感じです。

このあたりから空魚の鳥子への依存度がかなり上がってきている気がしますね。空魚と鳥子のバックボーンも少し明らかになりました。なぜ二人が仲良くなれたのかがちょっとわかります。二人とも世間一般的な感覚からは相当ズレてる感じ……

まあ「冴月らしきもの」を容赦なく撃てるのはあの3人の中では空魚だけ。そういう意味ではバランスが取れているのでしょう。

それにしても怖い目に遭っても懲りずに裏世界に行けるメンタルは凄い。

コミカライズが難しい作品だとは思いますが、上手く表現しているのはさすが水野英多先生といったところ。このレベルの作画力持ってる人はそうそういなそう。

まとめ

なぜか毎巻ページ数の多い『裏世界ピクニック』のコミカライズ版ですが、4巻も非常にボリュームがあります。下手な単行本の倍くらいのページ数がありますからね。物理的にガチで分厚いです。

それでも値段は一般的な単行本とほぼ一緒と非常にお得な作品です。アニメ化も控えているのでこの機会に読んでみてはいかがでしょうか。