私を球場に連れてって』3巻を読んだので感想を書いていきます。

今回はせっかくなので元ネタの解説も。

『私を球場に連れてって』の感想と元ネタ解説

3巻では2018年シーズンの序盤から交流戦、オールスターを経て8月26日の試合までが収録されています。

体育のソフトボールでいちゃいちゃしたり、原付で埼玉から福岡まで行ったり……作中でも言われてますがさすがに原付で福岡は正気ではない(笑)

最後はきらら恒例の水着回。水着はキャラが出るからいいですわね。

以下適当に元ネタ解説

やってやろうじゃねえかよ!!

タマとファル子に煽られたレオナのこの発言は『とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』の人気コーナー「リアル野球BAN」における杉谷拳士の発言が元ネタ。得意とする右打席に立った杉谷だが、山田哲人に「ヒダリデウテヤ」と挑発されて出たのがこの発言である。

ルーキーから一軍で大活躍

高卒ルーキー.304 31本→清原和博、16勝5敗最多勝→松坂大輔、大卒ルーキー20勝4敗→上原浩治

なお「もはや球団職員」「ファームの帝王」は結構いる。なぜかクビにならない選手も。

イチオシの外国人コンビの活躍

クリス・マレーロステフェン・ロメロのこと。マレーロはNPB公式戦通算10万号本塁打を打った選手。ロメロは2020年からは楽天。

作中でもネタにされている通りオリックスは弱いイメージがあるが、この年の交流戦は2位でパ・リーグ1位だった。



痩せないことを目標にする野球選手

DeNA梶谷隆幸のこと。もともと痩せやすい体質らしく、夏場に激痩せしてしまうことが多い。

※追記
コメント情報によると2017年に西武・源田壮亮が絶対痩せないという目標を立てていたもよう。元ネタ的にはたぶんこっち。(情報提供に感謝)

投手がへばってくる夏場に痩せてパワーが落ちるのは野手にとって死活問題である……

名選手の息子ってプロ野球で活躍できていない

ミスタータイタンズの息子→長嶋一茂、三冠王捕手の息子→野村克則(カツノリ)。プロ野球選手としての成績はイマイチだった。

一芸があればプロでもなんとかなる

キャッツの将来の正捕手→森友哉、メジャーで首位打者を取りまくる168cm→ホセ・アルトゥーベ、216cmの投手→ルーク・ファンミル

森友哉は将来というか来年(2019年)MVPを獲得。2018年もベストナインである。
ファンミルは2014年に楽天に所属。成績を残せず1年で退団した。

キャッツの蛮族打線

2018年・2019年のライオンズは「山賊打線」と呼ばれる超強力打線で連覇を果たした。なお作中でも散々ディスられている通り投手力はお察しで、防御率は2年連続で最下位である。

てか「山賊」より「蛮族」のがひどくない?



キャッツの選手は出て行ってばかり

西武はFA流出最多のチーム。しかも主力がガンガン抜けるという悲惨っぷり。

サヨナラ満塁ホームラン

2018年8月26日 福岡ソフトバンク対埼玉西武 12回裏にジュリスベル・グラシアルが打った。

まとめ

交流戦もオールスターも2020年はないんだよなぁ……

なぜかディスられ続ける群馬に草。埼玉県民って北関東見下す傾向ある気がします。

正直2018年シーズンは西武がぶっちぎりなので面白くはないんですよね……そういう意味では2019年シーズンのが面白いので期待したいところ。この漫画がいつまで続くかはわかりませんが。

どうしても単行本の発売ペースが遅いので現実とのギャップが気になりますが、懐かしい気持ちになれるのでこれはこれでいいかなと思います。

4巻にも期待です。