海老川ケイ先生の『夢見るルネサンス』巻を読んだので感想を書いていきます。

『夢見るルネサンス』のあらすじ

ちょっぴりオタクな女の子・レンの前に、絵描きを夢見る少女・リーチャが空から降ってきた!16世紀のフィレンツェからやって来たという彼女は、レンの部屋にあるアニメのポスターを見て、一目で萌え絵の道を目指すことに!?国と時代を越えた絵描き少女の夢と友情の物語、第1巻です!

16世紀のフィレンツェから来た少女・リーチャとオタク少女・レンの関係性を中心とした作品です。

リーチャは絵描きを目指しているのですが、中世~近世のヨーロッパは典型的な男尊女卑社会。女性に職業選択の自由はほぼありませんでした。画家も男性の職業とされていた時代です。実際中世~近世ヨーロッパの画家に女性はほとんどいません。

そんな時代から来たリーチャが日本の萌え絵に触れて感動し、萌え絵師を目指す……というのが基本的なストーリーとなっています。

『夢見るルネサンス』の感想

まずルネサンス期からのタイムスリップという時点で設定が面白いです。16世紀のフィレンツェといえばルネサンスの中心地ですからね。

キャラの関係性だけでなく、時代のせいで周囲に受け入れられなかったリーチャの夢が叶うかどうかも見どころの一つ。

世代や国の違いを利用したギャグもキレていて面白いです。そもそも他の作品だと出来ないネタですし。

絵柄は苦手な人がほとんどいないことで有名な(?)典型的なきらら系。

百合的にはまあきらら的な友情の範疇になるかと思います。現時点では……

まとめ

ルネサンス期の絵画が好きなのでホイホイされて買いました。あんまり関係ないですが。

普通に面白い作品だとは思うのですが、イマイチ話題になっていない印象がありますね……「2巻乙」という言葉があるようにきらら系は打ち切り率が高いのでやや心配。きららで3巻以上続くのは3割くらいって話を聞いたこともあります。全部が全部打ち切りではないでしょうが。

個人的には『夢見るルネサンス』は好きなのでアニメ化目指して頑張ってほしいです。