しーめ先生の『ゆりづくしの教室で』1巻を読んだので感想を書いていきます。


『ゆりづくしの教室で』1巻のあらすじ

「委員長」と「不良」、二人の不器用な青春…だけじゃない! クラス全員の「百合」が同時進行中!! 偏差値そこそこ、とある女子高の2年1組。30人の個性豊かな生徒たちが過ごすクラスは、飽きないぐらいに、わちゃわちゃで賑やかな毎日。そんな教室の様子も、よーく見てみると、30人それぞれの行き交う想いが見えてくる…。個性豊かで「ゆりづくし」なクラスを見守る、学園オムニバス第1巻!

『ゆりづくしの教室で』は百合カップルだらけの教室「2年1組」を舞台にしたオムニバス形式の百合漫画です。

各種電子書籍サイトの「試し読み」で読める部分は「プロローグ」にあたるため、試し読みだけだと作品のテイストを掴むのは難しいかもしれません。

ということで(?)作者のツイッターで2話ほど公開されています。

こんな感じで毎回1組のカップルが取り上げられていきます。

『ゆりづくしの教室で』1巻の感想

個性豊かな生徒たちが揃う2年1組。そこで繰り広げられる30人30色の百合を堪能できる作品です。全体的にコミカルな話が多め。

また、主役らしき人物もおらず、「全員が主人公」のような形をとっているのも特徴です。百合オムニバスとして有名な『あの娘にキスと白百合を』とはちょっと違う形式ですね。



個人的には第3話「シャルと和子」がお気に入り。イギリス出身の縦ロールお嬢様・シャルロットと元ヤンキーの大和撫子・鈴木和子の話です。なぜかファンクラブができてしまったシャルロットは大量のファンたちにまとわりつかれてしまうがそれを解決したのは……という話になっています。

あと第5話「栞と絵真」もよかったです。この話は作者のツイッターで公開済み。なんかリアルでありそうな気も(笑)

全体的に明確な恋愛描写は少ないのでガチ百合はちょっと……という人にもおススメです。



まとめ

百合群像劇として非常に面白い作品でした。オムニバス形式なので気に入る話は必ず見つかるでしょう。

ただこの作品電子書籍サイトの「試し読み」と相性が悪いのがやや気になります(笑)。「プロローグ」は必要なエピソードだとは思いますが単体で面白い話ではないですからね……

『ゆりづくしの教室で』や掲載誌である『コミック百合姫』を電子書籍で読むならebookjapanがおススメです。

初回ログイン時50%OFFクーポンが付与されます。しかも有効期限は60日と長く、6回まで使用可能です。7月30日まで百合姫創刊15周年祭セール中です。お得なebookjapanを利用するといいでしょう。

最新号である『コミック百合姫』2020年9月号では『ゆりづくしの教室で』は休載なので注意!
コミック百合姫 2020年9月号[雑誌]
コミック百合姫 2020年9月号[雑誌]

【最新刊】ゆりづくしの教室で (1)【イラスト特典付】
【最新刊】ゆりづくしの教室で (1)【イラスト特典付】