コミック百合姫2020年12月号の感想を書いていきます。

ネタバレ注意

コミック百合姫2020年12月号感想

ロンリーガールに逆らえない(樫風)

ヒヨコが好きとかいう謎設定。

それはそうと今後どう展開していくのかよね。

ふたりエスケープ(田口囁一)

安定して面白いの凄い、凄くない?

ハロー、メランコリック!(大沢やよい)

もう一つのカップルにも決着。

これはもう終わりですね……

クダンノフォークロア(煮汁)

推理パート。百合姫では珍しい(当然)。

割り切った関係ですから。(FLOWERCHILD)

綾さんすげー解釈してんな……

一転攻勢か?

ささやくように恋を唄う(竹嶋えく)

百々花先輩もバンドメンバーだったんか。なるほどー

てかひまり強すぎて草。

ゆるゆり(なもり)

忘れた頃に昔のエピソード入れてくるのいいよね。最近出てこない設定多いし……

大室家(なもり)

櫻子も怖かった説しかない(パクリ)。

ナメられたくないナメカワさん(阿東里枝)

今月から復帰。担当も変更になって再スタート。

てかなんでREXの人が担当してたんだろう……

セメルパルス semelparous(荻野純)

設定多すぎて草。

ゆりづくしの教室で(しーめ)

この作品普通に好きなんだけど全員分やったら普通に終わりそうなんだよなぁ……



ふたごわずらい(桜野いつき)

花園先生の過去編。キャラ違いすぎてビビる。

なんか終わるらしいっすね……

私の推しは悪役令嬢。(青乃下)

あら^~

私に天使が舞い降りた!(椋木ななつ)

TOFUってすげーセンスの服着てんな。さすが花である。

ナツコイ(篠ヒロフミ)

勢いで告白した隣人と付き合うことになって……という話。

センスがいい。

ゆめぐりゆりめぐり(はづき)

新キャラとしてつばきの親友が登場。

準レギュラー化すんのかなと思ったけど静岡と東京って微妙に遠いんだよなぁ……



永久少女信仰(岩見樹代子)

百合文芸小説コンテスト受賞作をコミカライズ。
原作→永久少女信仰

このテーマだと岩見樹代子先生はぴったりだなぁと。

踊り場にスカートが鳴る(うたたね游)

普通に面白いだけに隔月なのが残念。

あなたと私をつなぐもの(日野アラシ)

運命の赤い糸が見えるという設定の話。

この構成は結構凄い。ギャグが微妙なので今後もこの路線で行った方がよさそう。

きたない君がいちばんかわいい(まにお)

最近ちょっとマニアックになりすぎてませんかね……

来月は単行本作業のため休載。

citrus+(サブロウタ)

『citrus』は昔からページ数安定しないよなぁ……

たとえとどかぬ糸だとしても(tMnR)

最終回。まあこうなるよなとしか。

お疲れ様でした。

まとめ

今月号は休載がそこそこあった割には約700ページとボリュームもあって非常によかったです。

ただ、読み切りで告知しておいて掲載しないのはどうなんですかね。連載陣はある程度仕方ないと思いますが。

ナメカワさんは復帰しましたが、あの売り方って1回しか使えないのでやや不安なところも。

そして『ふたごわずらい』が打ち切り……!?検索数のデータとか見る限り相当苦戦してた印象だったので覚悟はしていましたが。

※追記
打ち切りではないらしい。今回が8話なのであと2話

あと作者コメントのページ黒地に紫文字は「読みにくい」というレベルではなく「読めない」ので配色はもっと考えたほうがいいかと。

来月からは雨水汐先生の連載が始まるのでこちらも楽しみ。ダブル連載は結構凄いな……

各所で話題ですが今月は表紙のギミックが凄いので紙で買ってもいいかもしれません。12月号にして初めて雑誌名が目立った……!来月からの表紙担当者も気になるところ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コミック百合姫 2020年 12月号 [雑誌]
価格:913円(税込、送料無料) (2020/10/20時点)