コミック百合姫2020年4月号の感想を書いていきます。


ネタバレ注意

コミック百合姫2020年4月号感想

私に天使が舞い降りた!(椋木ななつ)

まさかの進級回。それにしても小6には見えん(今更)。

松本さんが報われててよかった。

ささやくように恋を唄う(竹嶋えく)

メイン二人以外の人間関係も動きつつあって面白くなりそう。

あといつも以上に絵が上手かった。

立花館To Lieあんぐる(merryhachi)

最終回に近づいているのがわかってつらい。あと2話かな?

どう終わらせるのかも気になる。

ゆるゆり(なもり)

150話はゆるゆりらしいアホな見開き連発で面白かった。

151話は結京回で尊さMAX。オチも最高。

大室家(なもり)

撫子回。

食べさせるシーンは?って突っ込まれてるの草。

ゆりづくしの教室で(しーめ)

新連載。オムニバス形式らしいので初回は顔見せ。

今後は今回登場した娘たちを掘り下げていく形だと思われるので次回次第。

ぽちゃクライム!(みんたろう)

しゅう先輩の姉ちゃん登場。まあ似てたしね……

最近つぐの体系が強調されてていいゾ~

きたない君がいちばんかわいい(まにお)

やーめた♪

熱い掌返しほんと草。

ゆめぐりゆりめぐり(はづき)

尊い(語彙力)

背景にも気合い入ってて素晴らしい。

私の百合はお仕事です!(未幡)

陽芽が何を考えてるのかわからなすぎるゾ。

最近出番少なかった果乃子と純加にスポットライト当たりそうで期待が高まる。

citrus+(サブロウタ)

言っちゃった~まあ柚子らしさは出てる。

てか42ページもあって驚いた。まあ先月短かったし……

ロンリーガールに逆らえない(樫風)

ギャグと百合のバランスはいいと思う。

ここまでが1巻収録になると思うけど売り上げは大丈夫かな?

あなたと私の周波数(くわばらたもつ)

くわばらたもつ先生は百合姫読み切り常連になりつつある。

トランシーバーを上手く使っててよかった。



行進子犬に恋文を(玉崎たま)

加賀美が模範生徒から外された次の回だが話自体はたいして進んでない。

次回が気になるな~

ふたごわずらい(桜野いつき)

繋ぎの回かな?デートで何が起こるのか気になる。

先生サイドも何かありそうで面白くなりそう。

海猫荘days(コダマナオコ)

相変わらず噛み合わない桐子と真由美。

まあ凛が結婚しそうな気は1ミリもしない(笑)

軽木さんと荒重さん(日野アラシ)

軽い子と重い子の話。

ギャグは微妙だったが絵は悪くないので今後に期待の作家さん。

ナメられたくないナメカワさん(阿東里枝)

フォロワー数20万overのSNSバズり系作家阿東里枝先生の新連載。

ただ連載向きかというと疑問。SNSやニコ静向きな気がするゾ……

セメルパルス(荻野純)

なんか重くなってきた。

ハロー、メランコリック!(大沢やよい)

えっちだ……咲子のやべー奴っぷりが出ててよかった。

そろそろ響生先輩も見たい。

うちの師匠はしっぽがない(TNSK)

「しっぽな」やん!

一迅社は講談社の子会社なのでこういうことも出来るってやつやね。最近マガポケで大室家読めるようになったし。

まとめ

はやてら、とど糸、割り関と主力がいないもののまあまあだったと思います。

特に先月から連載が始まった『ふたごわずらい』には期待したいところ。最近の新連載の中ではトップクラスかと。

ただ単行本が爆発的に売れるタイプの作品ではなさそうなので不安もありますが。結局打ち切りを回避できるかは単行本の売り上げ次第ですからね……

あと百合展2020が無事開催されるようで安心しました。今年も行きます。